2005年09月30日

狙われたハンバーガー

hamberger.jpgMissDenimのChieeさん宅のアナキンが狙っているのはパーラー友のカツバーガー。
このバーガー、100円なのにボリュームもそこそこあって、何より、うまい!
コンビニで買う100円バーガーは食べると逆にお腹が空いてしまうが(ハイ、大喰らいです私)パーラー友のカツバーガーなら7分目くらいまで満足できる。

【パーラー友】
場所などの詳細は宮古人を捕まえて聞いてください。
みんな知ってると思います。たぶん。
ハンバーガー以外のお弁当も作ってます。
posted by なおっぺ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | オススメ宮古島関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月29日

家族が増えました

hiyoko-0929.jpg発見しそびれた卵をあたため続けていた女ウコッケイ。
雨の日も風の日も猛暑の日も、台風の夜も、ずーーーっと卵の上に鎮座して耐えていた。
時々、卵を放置してヒステリックにコッココッコキーとブツブツ文句も言っていた。
「はやく産まれなさいよね、まったくもう!」ってな感じに。

今朝、11個あった卵のうち5個がひよこになっていた。
それを確認して台所の私に報告しに来た時のとし坊の表情ったら・・・!

任務完了の母鶏。
自信に満ち溢れた表情だ。
お疲れさん。よくがんばったね。

今も裏庭でコッコ(男ウコッケイ=父)ピヨピヨ(ひよこ達)コッコ(女ウコッケイ=母)ピーピー(ひよこ達)ウ"−−−(犬達)と奇妙な合唱が繰り広げられています。

一段とにぎやかになった我が家・・・。
posted by なおっぺ at 11:51| Comment(5) | TrackBack(0) | 我が家の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月28日

3歳になりました

3rd-t-1.jpg9月28日 つっきぃは3歳になりました。
以前から「28日は仕事しないで誕生パーティーの準備に専念する」と決めてたので今日はゆっくり仕事の代わりにパソコンタイム。(えっ?それは有り?)
でも今日のこの日のために仕事を前倒しにしてガンバッテきたのだ。
たまには息抜きってことで♪ね?

ゼーマン要望(なぜ?)のクレープパーティーの下ごしらえをしながら3年前にこの家で生まれた時のこと、台風14号の被災直後で満足に祝ってあげられなかった1歳の誕生日のこと、
チエちゃんが送ってくれた栗で一緒にモンブランを作った2歳の誕生日のこと、いろんなこと思い出していた。

去年「いくつになりましたか?」と聞かれて「3さい」とゼーマンの歳を答えていたつっきぃ。
今年も同様の質問に「4さい」と答えている。
進歩しているのか、してないのか?
一つ増えていることはわかっているようだ。

3rd-t-2.jpgプレゼントはリクエストに応えてマジピンク(スカイホーキー付き)。
おまけでマジシャインとバンキュリア様。
大喜びして何度も「あーーっと!あーーーっと!」とありがとうの意を返してくれてありがとう。

dada.jpgそういえばプレゼントを探しにおもちゃ屋(宮古に2件しか無い)を物色していたらダダさんに会った。
でも2人しかいなかった。
週末、台風が来そうだから飛ぶ練習してたらおもちゃ屋まで来ちゃったんだろうね、きっと。
ダダさん、月末だけど、がんばってね!
posted by なおっぺ at 23:59| Comment(4) | TrackBack(0) | つっきぃ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

福里地下ダム

もう数日前のことだけど福里と言う地区にある地下ダム施設に見学に行ってきました。
公開される前からドライブがてら遊びに行っては水路のめだかで遊んだり景色を眺めて過ごしたりしてたのだけど今回は【コミュニティ施設】、通称「地下ダム資料館」が開放されたので行って来た(しかも9月いっぱいは無料)。

とし坊の島風便宮古島の地下ダム水の道?やはっつぅの地下ダム見学?でも紹介されているので私は2人が書いていないことを・・・。

damu-3.jpgまずは入り口にそびえる主役の地下ダム。
これがダム?どこが地下?
と思うでしょ?
私もこれは「地上ダム」だと思うけどそれは私の勉強不足らしい。
地下ダム、というのは地下水(湧水)に頼るしかない宮古島だからこそのネーミングなのか?
このダムは雨水を地下に貯めていることを見せているらしい。

damu-4.jpgで、このダムの橋、金網でできているので下がよーーーく見えてしまう。
足のすぐ下を魚がウヨウヨ泳いでいる。
谷瀬のつり橋よりもある意味怖いかも。
先に子供達がひょいひょい歩いて行ったので私もひょいひょい行こうとして2歩目で思わず足がすくんだ。
他の家族の3歳くらいの女の子は怖い怖いと絶叫して抱っこして渡っていた。
(ちなみにこの足はとし坊のものです。)

damu-1.jpg【コミュニティ施設】、通称「地下ダム資料館」の中は子供達の大好きなジオラマや解説ボタン・ジオラマを動かすボタンetcたくさんあってとっても楽しい。
でっかい虫眼鏡で宮古の地層から掘り出したトラバーチンを観察(?)することもできるしダムの航空写真で我が家を確認することもしてみた。(近所なので)
damu-2.jpg一通り見学が終わって「帰るよ!」と言っても「やだ、まだ遊ぶ!」と聞きゃ〜しない。ここは遊ぶところじゃないっちゅうのに。学ぶとこだよ!
なんとか騙しながら外に連れ出したのに出たとたんに「もう一回入る!」
無料なのをいいことに結果3回も入館し、その度に同じジオラマで遊び、水汲み自転車で水汲み苦労を体験し・・・こんなに自転車こいだの久しぶりだからきっと明日は筋肉痛だな、はぁ〜〜疲れた。などとブツブツ言いながら強制帰宅。
(一応あれから数日経過してますが筋肉痛にはなってません。元々筋肉質だったはずの私の身体、たぶん筋肉がすべて脂肪になってしまって筋肉痛になる素材が無いのでは?やべぇーー)

ここにはぱふさんにおすすめしたい【水吐きシーサー】もいるので是非探してみてね♪
(この日は水が枯れ気味だったのか吐いてなかったけど。)
できるなら夜の"水の道"探しも楽しんでみてください。

でもここ、ちょっとわかりにくい場所のようです。
昨日はっつぅと無有さんは迷子になり、私が救出に向かわないとワケワカラン状態だったようです。
地図にもまだ載ってないかもなので、城辺線で福里近辺まで来たら地下ダムとかコミュニティ施設といった小さな矢印看板を見逃さないようにゆっくり気をつけて行ってください。
posted by なおっぺ at 11:44| Comment(8) | TrackBack(1) | オススメ宮古島関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月27日

ありがとう と叫びたい

今日はとっても良い日だ。
まだ言えないけど、とっても嬉しいことがあった。
やらなくちゃいけない仕事は山積みでパソコンの前に座っていられる余裕は無いはずなんだけど、でも今日のこのハッピーな気持ちは抑えられない。
とてもじゃないけど仕事が手につかない。

3〜4年前に諦めていたあるものを手にいれることができそうだ、とだけ言っちゃおうかな?
詳しくはまたきちんと落ち着いたら書きますね。

私は今、とーーーーっても幸せなのだぁぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)
この地球の、宇宙の、全世界の友よ、自然よ、魂よ、みんなみんな、ありがとーーーー♪
世界の中心で感謝の想いを叫びたい気分♪

happy.jpg
posted by なおっぺ at 15:12| Comment(8) | TrackBack(0) | なおっぺ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月21日

新ゴーマニズム宣言 沖縄論

小林よしのりさんの「ゴーマニズム宣言」は10代後半の頃に夢中で読んだ。
でも次第に過激化していく小林氏の思想に追いついていけなくなり、疲れてしまい、いつしか読まなくなった。

gomanizumu.jpg最近、図書館で再会した時はびっくりした。
「沖縄論」
小林氏がどんな沖縄論を展開しているのか、読んでみようじゃないの!
そんな軽い気持ちだった。

【日米同盟さえあればと思うのならそれを一身に引き受けて苦悩している沖縄について知らなければならない】

日本は今のところ平和だ。日米安保に守られているから。
だから自衛隊がイラクに行かなくてはいけなかった。
だから基地撤去もできないでいた。
思いやり予算?そんなものが存在していたなんて・・・。

小林氏の指摘は当然のことだ。
宮古へ住むようになって宮古のことを知れば知るほど強く感じるようになっていた違和感、罪悪感、全てはこのことだった。

基地の島沖縄。
基地を抱える代償として過剰なまでに保護された島々。
そしてその甘い蜜だけを吸って自分では何も苦労をしていない離島の島々。

宮古島は本島とは違う。
小林氏の沖縄論は「沖縄本島論」でしかない。
だからこそ、苦しい。恥ずかしい。申し訳ないと感じる。

本島でも基地の存在を意識しないで済む人々もいる。
彼らはどんなふうにこの本を読むのだろう?
また基地からの収入で生活をしている人々は?
「基地依存症」、戦後アメリカユーの時代を生き抜いた本島の人々から見たら、今はどんなに心の荒れた時代とうつるのだろうか?

沖縄の歴史について知らないことが多すぎた。
酒飲み座で出てくる「薩摩侵略」「琉球処分」「亀さん」「日米安保」「B円」etcという言葉、漠然とわかったつもりでいた。

沖縄の戦後はまだ終わっていない、このまま終わらせてはいけないんだ。
そう、感じた。
イモ裸足!できるか?
と言われればできないだろう。
できると応えて失う物から得る物の意味は大きいのに。
そして宮古にはまだ甘い蜜を拒否して「イモ裸足」で生きてる人もいるというのに。

仕事で、とか、お嫁に来て、とかではない「好きで来た」宮古島・沖縄。
小林氏には賛成できない部分も多少あるが、わかりやすく読みやすい1冊。
posted by なおっぺ at 16:00 | TrackBack(0) | 沖縄関連Books | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月20日

ゼーマンに思うこと・・

朝5時半 「頭痛い。気持ち悪い。吐きそう!」という声で起こされる。
二日酔い?
寝ぼけた頭を声の主の方に向ける。
ゼーマンが汗をダラダラたらして布団の上に座っていた。

熱を測ったら38度以上ある。胃液のようなものも吐いている。
苦しいのだろう。
泣き叫ぶばかり。

「今日は保育所お休みしようね」と言うと隣でつっきぃが「おく いとり いけるよ(=僕一人で行けるよ)」とつぶやく。
ありがとう。
「じぇ〜 はーく ネツなおして いっしょ いこーね(=ゼーマン早く熱治して一緒に行こうね)」
つっきぃはその後も吐いてるゼーマンにティッシュをとってあげたり、イオン飲料を持ってきてストローで飲ませてあげたりまるで小さなお兄ちゃん

午前中、ドリンクゼリーを1パック飲み干してアイスクリームを食べてももう戻すことはなく、熱も37度9分で落ち着いているので一緒に遊んで過ごした。

syageki-m.jpgゼーマンが持ってるマジレンジャーや仮面ライダー、かえるのケロちゃん、陶器のシーサーetc何でもかんでも全部並べてウルトラマンマックスのダッシュライザー(銃の名前)で打ち倒す。
順番に打ちたくさん倒した方が勝ち。
2人で汗かきながら対戦する。
昼飯を食べに帰ってきたとし坊。自分も具合良くないくせに「どれ?やらせてみ?」と射撃に高じる。
とし坊とゼーマンって、ホントに似たもの親子なんだよね・・・
ゼーマンが将来、私のようなお嫁さんを連れてくることを確信する日々。
私、お嫁さんとうまくやっていけるだろうか?ちょっと・・不安。
posted by なおっぺ at 13:36| Comment(5) | TrackBack(2) | ゼーマン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月19日

反抗期

今月末で3歳になるつっきぃ。
最近は反抗期だ。
最初は"保育所でのストレスかな?"と思っていたが、冷静に見てみればただのワガママ・反抗したいだけ、というのがわかる。

【魔の2歳児】具合はゼーマンほどには表れなかったが【3歳の第一次反抗期】は兄をしのぐ勢いが見られる。

今日はとし坊がDownして高熱で寝込んでいる。
どこかに出かけたかったんだけどゼーマンが「いやだ」と言って家から出ようとしないので、しょうがなく庭でプール遊びをした。
poor-0919.jpgつっきぃ、すげー楽しそう。(寝転がってるヤツです)
気持ち良さそうだなぁ。
あと9日間、かわいい2歳児でいてほしかったんだけどなぁ。
なんだか"けったいな生き物化"してるよ、アンタ?
posted by なおっぺ at 19:55| Comment(3) | TrackBack(0) | つっきぃ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジェンガ

jenga-m.jpg先日、ゼーマンがもう十分に「ジェンガ」を楽しめるようになっていることに気づいた。
細い小さな指で器用にしかも大胆にジェンガの積み木を取っていく。
まだまだ私には勝てないがこの調子でいくと負ける日もそう遠くはないことを感じる(4歳児に本気で挑んでいる母)。

私がジェンガを買って10数年。
その半分にあたる約5年間"ただの積み木"扱いだったのだ。
ジェンガも久しぶりに本領発揮できることに喜びを感じているだろう。
仲間は数人(数個)行方不明だが・・・・。
posted by なおっぺ at 19:43| Comment(2) | TrackBack(0) | ゼーマン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月18日

十五夜

今日は旧暦8月15日 中秋の名月だ。
私たちの住む集落ではこの日「ふちゃぎ」(都市部では「ふきゃぎ」とも)と言う甘くない小豆をまぶした餅を食べ、クイチャー("声合わせ"と言う意味の元々は雨乞いの踊り。本島でいうカチャーシー的存在?)を踊り酒を飲んで楽しむ。

tukimi-2.jpgこのふちゃぎ、内地のおはぎのような感じなのだけど甘くないので最初は戸惑った。
だが食べなれるにつれてこれがまた美味しいと感じる。
宮古小豆の素朴な味がしっかりしている。
画像のふちゃぎは近所のおばぁ手作りのもの。
毎年十五夜の日には作っておすそ分けしてくれる。
今年は黒い小豆(宮古小豆)が無く、赤い小豆になってしまった、とおばぁ。
でも美味しいよ。ごちそうさまです☆

tukimi-1.jpg夕飯の後、我が家でも月見だんごを作った。
いつもは白玉粉や餅粉を使うのだけど、今年は「だんご粉」と言う物を発見したのでチャレンジしてみた。
でも作りかたは白玉粉と同じ。

月桃(ゲットウ)の葉に盛り、みたらしのタレにからめて空に輝く満月を眺めながら食す。
「綺麗なお月様だね〜」
「お団子、おいしいねぇ〜」
注:大小不揃いなのはゼーマンが丸めたからです。念のため。・・・?
posted by なおっぺ at 21:59| Comment(4) | TrackBack(0) | 島の日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

てなが海老

nogusuku-1.jpg今日は近所の湧水へ「てなが海老」を捕りに行ってきました。
てなが海老を捕るのは数年ぶりで、しかも昼間行くのは初めて。
(てなが海老は夜行性らしい)
エサもいつもはミミズだけど今日は冷蔵庫に残っていた「沖縄ソバ麺」。
釣り糸はタコ糸。
「こんなんで捕れるわけが無い」とタカをくくって見ていたら・・・

nogusuku-2.jpg「捕れた!」というとし坊の声。
「ホントに?すごいじゃん!」
と駆け寄ると・・・
ちっちぇ〜
こんな小さいの可哀想で食べれないよ。
しかも手、長くないし。てなが海老じゃないんじゃない?

nogusuku-3.jpgなどとブツブツ言ってたら「捕れた!今度はデカイよ!」
確かに今度のはデカイ。そして手も長い。

湧水ってのはどこもそうだろうけどめちゃくちゃ冷たい。
段々寒くなってくる。蚊もたくさんいるから痒いし。
+子供達が飽きてきたので退散して海へ行くことに。
海老は子供達の要望で逃がす。

urazoko-1.jpg湧水が流れ出ている崖下のビーチへ。
沖のほうにひとり若い海人がいるだけで他には誰もいない。

はるか南方で発生している台風の影響か、風が冷たくここでもすぐに寒くなり身体を乾かすために砂浜で潮干がりをすることに。
urazoko-4.jpg
採れるのは小さなシナ貝(宮古人がそう呼ぶ。きちんとした名前は不明)。
この貝は良い出汁がでる。
今夜の味噌汁はシナ貝で決まり。

三連休も明日で最後。
20日からは国勢調査の仕事にとりかからねば。
明日は何をしようかな♪
posted by なおっぺ at 21:38| Comment(4) | TrackBack(0) | 我が家の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月17日

Pani Pani

私たちとほぼ同時期に宮古へ移住してきた友人が数家族いて彼らは今でも何かあると相談したり愚痴を聞いてもらったりする大切な存在だ。

panipani-1.jpgそのうちの一組、SさんKさん。
来間(くりま)島でとってもお洒落なオープンカフェ「Pani Pani」を営んでいるのでご存知の方も多いはず。
以前にも書いたけど大工でもなんでもないフツーの二人が基礎から全て手作りで作ったこじんまりとした住居兼店舗。
ここに来ると勇気とやる気と感動をもらえる。

今日、数ヶ月ぶりに行ってきた。
引越しのことでいろいろ相談したかったから。

panipani-2.jpg3連休最初の土曜の午後とあって店は混んでいた。
ビキニ姿のお客さんもいたりして、水着というものに慣れ親しんでいないゼーマン&つっきぃは「なんであの人たち裸ん坊?」とでも言わんばかりの表情。
(談笑しているのは左がとし坊、右がマスターのSさん。)

この店名物(?)のビスコッティを食べ生クリームたっぷりのカフェラテを飲んで、新メニューのパンも食べ、心も胃袋も大満足♪
2人を見てると「人間らしく生きてるなぁ〜」とつくづく感じる。
素敵だな〜。

機会があったら皆様も行ってみてね。そしてトイレに入ることも忘れずに!
そうそう、マスターのSさんはレゲエバンド「島バナナ」のボーカル兼ベース奏者でもある。
島バナナのライブもオススメよ〜♪

本日食べたものに関しては島風便で紹介しています。
posted by なおっぺ at 21:05| Comment(6) | TrackBack(0) | オススメ宮古島関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月16日

敬老会で舞台デビュー♪

今日は町主催の敬老会。70歳以上のおじぃ・おばぁが集まって長寿を祝う。
祝いの席、町一番の大舞台で繰り出される三線民謡ショーや琉球舞踊の余興の合間に我がF保育所のもも組さんも登場することに。
ってことで以前から練習を重ねてきた子供達。
先生からのお便り帳に「当日はこっそりぃ〜と見に来てね」と書かれていたので会場でゼーマンやつっきぃに見つからないようにこそこそしていたら、2歳のSちゃんに見つかっちゃった。
続いてK君に見つかり、R君に見つかり、そのうちつっきぃにも発見されてつっきぃったらゼーマンを呼びに行ってしまったりして「ひぇ〜先生ごめんなさい、見つかっちゃったよ〜」と内心ヒヤヒヤ。
でもその後も一応知らんぷりしてもも組さんの登場を待つ。

keiroukai-1.jpg会場の一番後ろにいると舞台ははるか彼方の向こうの方・・・大人の余興でもこんなに小さいあせあせ(飛び散る汗)
でもこれ以上近づいたらまた見つかってしまってきちんと踊ってくれなくなっちゃうかもしれないので我慢我慢。

もも組さんの出番。司会の男性の「F保育園のもも組さん8名による"やさしい音頭"です。どうぞ!」の声とともにどん帳が上がる。
あの・・・司会さん?"やさしい音頭"ってなんですか?"野菜音頭"なんですけどぉ?
keiroukai-2.jpgなんて突っ込みが出来るわけもなく現れた子供達・・・
ちっちぇーーー!!!
ゼーマンがどこでつっきぃがどこだかデジカメのフレーム越しではまったくわかんない。

keiroukai-3.jpg思いっきり望遠で撮ってみたら・・・ボケまくり。
なのでデジカメでの撮影を諦め肉眼でしっかりと見ることに。

ゼーマンとK君・R君の4歳児3人はさすがに上手。
他5名の2歳児たちは・・・つっきぃ以外はみーーんなほどほどに上手。

寸前まで泣いていたと言うつっきぃ。
舞台の上では泣くことなくみんなから数テンポ遅れながらも一生懸命踊ってる。
そんなつっきぃに会場からは微笑ましい(?)笑いがチラリホラリ。

お昼寝も不十分なままなのに、こんな大きな舞台でひるむことなくきちんと踊れた子供達、立派だったよ!
もも組さん、最高ーーー☆

そして今日、嬉しかったことがもうひとつ。
ゼーマンの幼馴染で隣の学区の保育所に7月中旬から入ったゆうちゃん。(4歳)
登園を拒否して泣き叫ぶ日々を最近やっと克服したばかりなのに、今日は舞台でとっても楽しそうに元気に踊っていた。
(今日の敬老会には二保育所が招かれて余興の披露を依頼されていた)
ゆうの頑張りに思わず涙ぐむ。
がんばったね、ゆう。そしてのりちゃん(ゆうのママ)。

宮古島のおじぃ・おばぁがみーーんながんずう(=元気。頑丈が語源?)で長生きしますように。
子供達がみーーんなパニパニ(=楽しく喜びでいっぱいな様子)で過ごせますように。
敬老の日、おめでとうぴかぴか(新しい)

*写真がかなり小さめでごめんなさい。クリックするとちょっとだけだけど大きくなります。
posted by なおっぺ at 20:35| Comment(4) | TrackBack(0) | ゼーマン&つっきぃ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月15日

Miss Denim

久しぶりにMiss DenimのChieeさんに会いにいきました。
キャプテンCさんとChieeさん、愛猫チョコが宮古へ移住して早8ヶ月。
虫と格闘したり、猫を拾ったり、台風のたびに功進丸(ヨット)をあげたり・・・
その間にしっかり仕事も復活して忙しい日々だったことでしょう。

会えたのはほんの1時間半くらいだったけど、たーーぷりおしゃべりしてきた。
家に帰ってとし坊に報告がてら話してて気づいたんだけど、随分いろんなことおしゃべりしたよね?支離滅裂に・・・(笑)。

帰る間際に「そうだ、私今度の商品アップでトートバッグ狙いたいんだ。出来上がってるものだけでも見ていい?」と見せてもらったら、中にひとつ、前回アップの商品がまだ残っていた。
Chieeさんの作品が完売せずに残ることってまずあり得ないんだけど、今回はたぶん私のために残っていたのだと思う。
だって私がほしいと思ってたそのサイズ!形!ポケットのつき具合!
ネットで見て「なんで残ってるんだろう?」とは思っていたけど、実物を見たらその疑問はなおのこと膨らむばかり。
やっぱり私のためだったんだ!
そうとしか思えない。

普段はアップ前の商品は「見せるだけよ〜」と言って取り置きはもちろん買うことさえさせてくれないChieeさん。
「ねぇ、これなら私今買ってもいいんだよね?」と聞くと「もちろん。売れ残りだけどいいの?」とChieeさん。

だって私のために残っててくれたんだよ?
私を待っていたに違いないんだよ?
(トートに向かって)ごめんね、待たせてしまったね・・・。


missdenim.jpg最高の気分だ。
なんて幸せなんだろう?
いつもながらChieeさんの仕事ぶりには感動する。
ポケットの配置をセンスよく並べながらジーンズを上手にリメイクしている。
私がGETしたトートには大小8つのポケットがある。
あれやこれやと持ち歩いている私にはこのくらいの数のポケットが必要なのだ!

missdenim-cap.jpgトートと一緒にミスデニキャップもGET!!!
黒・ベージュとあったけど渋〜いカーキ色選んだ。
家に戻ると早速つっきぃに取られそうに。(もちろん取り返しましたが)

ミスデニファンの皆様のために・・・
次回の商品アップ(9月下旬予定)も、かーなーり上物揃ってますよ〜。
更新日をこまめにチェックして、当日は正座してパソコンをたちあげて待ちましょう♪
更新と同時に売り切れるChieeさんのジーンズリメイクショップはMiss Denimだよ!
posted by なおっぺ at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | なおっぺ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月14日

公務員になりました

ワタクシ、9月14日をもちまして公務員になったそうです。
期間限定、臨時の非常勤でございます。

以前からちょっと興味のあった《国勢調査員》、「やってみたいな」と言う気持ちはあったけど仕事もあるし、今の時期は引越しやら何やらで忙しくなることはわかっていたので「またの機会に・・・」と漠然と考えていた。
ら、数ヶ月前、スーパーで買い物してたら近所の友人H姉ぇ(Hねぇ)が向こうの方からすっ飛んできて「なおちゃん、国勢調査員、やってくれない?」と言う。
「やらない?」と言われたら断ってたかもしれない。
「やってくれない?」と来てしまったら元々興味のあった仕事だし「やってあげようじゃないの!」となってしまうのは、しょうがないよね?

kokuseityousa.jpgで、9月14日【国勢調査員任命辞令交付式】なるものがあって行ってきた。
指定された机について机上に置かれていた【国勢調査グッズ】を見てみると・・・
懐中電灯?
防犯ブザー?

・・・・いったい何のため?
隣の席のR姉ぇ(近所のママ友達。H姉ぇに半ば無理やりに勧誘されて調査員に加わることになっていた)と「私たち、そんな危険な仕事を受けてしまったの?」とコソコソコソ。

仕事内容もお給料もほとんど知らずに承諾したのでこの交付式と同時に行われた説明会で詳細を知った時、驚いた。
読まなきゃいけないマニュアルの量、書き込まなきゃいけない書類の量、気が遠くなるほど膨大だ。そしてメインの「おじぃ・おばぁへの家庭訪問」
R姉ぇは説明会の間中ため息ついて憂鬱そうだった。

10月中旬までの1ヶ月。
おじぃ・おばぁ相手に各家庭を訪問します。
数年前に地区の班長を経験して以来、おじぃ・おばぁとのふれあいの場を失くしつつあった私。
実はこの「ふれあい」をしたいがために国勢調査員なるものに興味があったわけであって、そのふれあいのためにこれから昼夜問わずに集落内を闊歩することになるわけで・・・
とし坊には悪いけど(子供の面倒を見なくてはいけない+引越しの準備もおざなりになる)1ヶ月、楽しませていただきます♪
忙しくなるぞ!!おほほほほ。
posted by なおっぺ at 23:00| Comment(6) | TrackBack(0) | なおっぺ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

爬虫類?

hirune-t.jpg「つっきぃってなぁ〜んか可愛いんだよなぁ・・・」と思いながら寝姿を見てたら気づいた。
爬虫類のようだから?

ヤモリやカエルに似てない?なんとなく→
いや、私は爬虫類好きとかでは決して無いんだけどさ(嫌いじゃないけど)地球上に誕生した初めての生物は爬虫類だか両生類だかって言うでしょ?
つっきぃはまだ今のところその「原始の生物」の面影を残しているからなんだか妙に可愛く感じるのではないか、と思ったわけで・・・。
本能的に何か懐かしく恋しいものを感じるというか。

只今私の横で爆睡中のつっきぃ。
今日は体調不良のため(ということにして)お休みしてます。
(昨日微熱があるのに登園させたら怒られちゃったの、先生に。だから今日は熱はないけどまた上がって怒られちゃったらイヤだからお休みで〜す)
posted by なおっぺ at 15:11| Comment(4) | TrackBack(0) | つっきぃ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月11日

洗濯物が飛んでっちゃうよぉ〜

昨日(台風で)部屋干しして乾かなかった分と今日の分、二日分の洗濯物を庭に干していたらゼーマンが突然泣き出した。

0911-m.jpg「洗濯物が飛んでっちゃうよぉ〜」

台風後でまだ風が強く確かに洗濯物は風にビュービューとなびいていた。
でもちゃんと飛んでいかないように工夫しながら干している。
それなのに「外に出さないで〜うちの中にしまってよ〜」と洗濯物を(飛んでいかないように)わしづかみにしながら泣き叫ぶ。

最初は「勝手に泣いてろ!」と放っておいたのだけど、その泣き方があまりにも狂気じみているので見ているうちに怖くなってきて(このままこの子は狂ってしまうんじゃないか、と)せっせと家の中に大量の洗濯物をしまいこむ。

半乾きの洗濯物。
外は風が吹いて陽もさして台風一過の洗濯日和だちゅうのに・・。

ゼーマンは台風が来ると知ると真っ先に「ポストをしまって!」と言う。
一昨年の台風14号でポストがめちゃくちゃに破壊されボコボコになって以来、我が家のポストは新聞屋さんにもらった《新聞入れ(配達した新聞を入れるためだけの小さな物)》で、それがまた風が吹くとパタパタとはためく。
台風の時はこの《新聞入れ兼ポスト》を家の中に入れないとゼーマンが大騒ぎをするので一応、しまいこむ。

【風で飛んでいく】ことになぜこれほどまでに恐怖を感じるのか?
何かきっかけがあったはずだけど・・・思い当たらず。
う"ーーーーーーん・・・・・・。
posted by なおっぺ at 20:14| Comment(4) | TrackBack(0) | ゼーマン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

台風の日に出産する!

昨夜はとうとう停電なし!
すごいことなんです。奇跡に近いんです。
今年初の直撃だったから停電は避けられない、と覚悟していたのに。

数年前まではどんなに小さかろうがかする程度だろうが【台風=停電、しかも復旧しおわるまで数日もザラ】だったのに、一昨年の14号の台風で電柱が倒れまくってほとんどの電柱を建て替え電線を張りなおした為か、その後ほとんど停電しなくなりました。
ありがたいことです。

夜中0時半頃ふと目が覚めたので外の様子に聞き耳をたてると風がやんでいる。
「ともちゃん、今日陣痛来たりして」となんとなく思った。(9月6日の備忘録参照)
で、寝た。

朝方3時55分。
またしても目が覚めた。
一瞬「ともちゃん、産まれてたりして?」と思ったんだけど次の瞬間隣で寝ているつっきぃが大量におもらしをしていることに気づいてそっちに気をとられ着替えさせたりしているうちにまた忘れた。

その後なんとなく眠れなくてすっかりやんだ風の音や時々降る雨の音を聞きながらともちゃんのこと考えてた。
5時半の時刻を確認したのは覚えてるんだけど、また寝てしまったらしく次に気づいたのは6時半。

まだ暴風域を抜けて間もない夜中1時44分、携帯にメールが来ていた。
「陣痛が来てるーーー」
ともちゃんからだった!

昨日は携帯をマナーモードにしたまま寝てしまっていた。
起きてすぐに電話しようかと思ったけど出産後だったら疲れて休んでいる頃だろうし、前駆陣痛だったとしてもあの時間に寝てないってことは今はまだ寝てるかもしれない。
と、念のためメールしてみる。
すぐに返事が返ってきた。「産まれたよ。3時56分に」

えぇぇぇーーーー!!!
しまった!立会いそびれた・・・・。
せっかく気配を察して目を覚ますことができていたのに!
なぜ?どうして?
やっちまった・・・と言う気分。

すぐに電話する。
たいちゃんが出る。少し話して切ろうとしたら「ともに替わるよ」と言うので慌てて「いいよ、休んでるんでしょ?またかけなおすよ、まだ朝の7時だし。」「ううん、フツーだよ。」と言ってともちゃんが出てきた。

めちゃくちゃ元気だ。
ともちゃんたら「すんごい面白かった♪」と感想を述べる。
そうでしょそうでしょ?自宅で産むのって本当に楽ちんで楽しいんだよね!
何より家族全員で迎えられる新しい命、素晴らしいことだよね。
今度ゆっくり話を聞きに行くからね。
今日一日くらいはダラダラと過ごすんだぞ!
おめでとう&お疲れ様。

そうそう、助産士さんは暴風警報解除と同時に駆けつけたらしいです。
沖縄では9月の出産予定日は台風にも要注意です。
posted by なおっぺ at 11:23| Comment(3) | TrackBack(0) | 島の日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月10日

台風の日にシャボン玉を飛ばす

只今台風15号の暴風域の中にいます。
昼過ぎに入り、ピークは日没(7時)頃かと。

今回の台風は勢力的にはそんなに強くなく(955hpa)、暴風域の半径も110(一時は130)kmと小さいし進む速度が25キロと速めなので暴風域を抜けるのは早そうです。
でも台風なので油断は禁物。しかも直撃だし。
今も停電しそうで電気がちかちかしています。
今回のような台風でも直径ではなく円周をまわる進路になったりすると長期戦です。
このままの進路で行ってくれたらいいなぁ。

taihuu-15.jpg午前中、もうすぐ暴風域に入ると言う頃にシャボン玉で遊びました。
窓の外は強風雨なんだけど、風向きによっては窓全開でも大丈夫。
南の窓から身を乗り出してシャボン玉を吹く。
一瞬で上空へと舞っていくシャボン玉。とし坊も楽しそうです。
暴風域の中でやったらどうなるんだろう?
ちょっとやってみたい気も・・・。

===只今17時39分===
上の記事を書いてから3時間ほどたちました。
台風は勢力を強め950hpa、最大風速45mになったようです。
相変わらず電気はちかちか(この記事の送信も思うようにいかないまま)だけど停電はしてません。
すごいよね。奇跡?ってまだまだこれからがピークだけど。
今のところ一応無事です。
posted by なおっぺ at 17:42| Comment(3) | TrackBack(0) | 島の日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月09日

はじめての期日前投票

明日から明後日にかけて台風15号が来そうなので、今日、期日前投票に行ってきました。
宮古島には自他共に認める【選挙キチガイ】がたくさんいるので必然的に無関心ではいれなくなり、投票に行かないと近所の老人・青年(と言っても中高年が正しい?)たちから「なんで選挙に行かないか?」と訪問を受けることになります。
"まだ投票に行ってない"ことをなぜ、どうやって知るのかはわかりませんが「これから行くよ。」と言ったら「じゃぁ、自分も一緒に行ってあげるから今すぐ行こう!」と言われたこともあります。

今回の選挙は離島の、しかも辺鄙な地に住むわたし達にはとても重要です。
各政党や候補者の公約を調べ、ニュースでもその演説の表情を何度も何度も確認して投票しました。

0908sunset.jpg投票所では「期日前に投票する理由」を申告しなければいけなくて「台風が来そうだから」と答えたら「ふっ・・」と微笑まれた。
なんで?
台風前の夕焼け→
posted by なおっぺ at 22:20| Comment(4) | TrackBack(0) | 島の日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月07日

阿呆変態まじぃろー

登園拒否の2週間を終え今週はつっきぃ、「おく おーち きりゃい。おいくえん いく すき☆」(=ボクお家嫌い。保育園行くのが好き)と泣かずに登園している。
突然の登園拒否に突然の保育所好き。
子供の心は忙しいです。

image/nankuru-bibouroku-2005-09-08T13:52:30-1.jpgで、そのつっきぃ、最近は自分のことを「おく(ボク)」と言うようになってしまいあの可愛かった「きっきぃ」が聞けなくなってしまった。
「なんでボクなのぉ?きっきぃって言ってよ!」とごねる私やとし坊に向かってとても嬉しそうに「おく」と言う。
・・・・寂しい。

宮古弁も覚えてきて「おいよぉーーやめろよぉーー」(=おいこら、やめろ)などとほざく。
にこやかな笑顔で近づいてきたと思ったら突然「あっかんべー」と両目をたらす。

毎日叫んでいる「阿呆変態まぁじまじ まじろー」の変身呪文も、そのうちちゃんと「魔法戦隊 マージマジ マジーロ!」と言えるようになってしまうんだろうなぁ・・・。

まみこちゃん、つっきぃやはるが可愛いのも今だけだね、きっと。
posted by なおっぺ at 00:00| Comment(9) | TrackBack(0) | つっきぃ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月06日

自宅出産

つっきぃはこの家の"居間"で産まれている。
第2子と言うこともあり、とてもあっけなく生まれた。
痛かったけど、私以上につっきぃが頑張っているのを強く感じたので辛くはなかった。(写真右 居間で生まれた直後のつっきぃ)
ゼーマンは産院で普通に産んでしまった。
今でも、ゼーマンに悪いことしたな、と思う。
自宅で産んであげられなくて、ごめんね、と。(写真左 産院にて病室に戻ってきたゼーマン)
baby-t.jpg baby-m2000_10_23-.jpg


ママ友達のトモちゃんが、もうすぐ出産を迎える。
自宅出産を希望して、この10ヶ月間彼女なりにものすごい努力をしてきた。
でも旦那さんが反対していた。
親戚も反対していたと思う。
それでもトモちゃんは自宅出産への努力を続けてきた。
(医療に頼らない分、妊婦として努力すべきこと・学んでおかなければいけないことは山ほどあり全ての条件がクリアされないと自宅での出産は不可能。そしてその条件の中で最も大切なことは家族の協力を得ること。)

先月末「タイちゃん(旦那さん)の覚悟ができてなくて喧嘩した。こんなんじゃ自宅出産なんてできないかも」と凹みまくったメールが来た。
「うちにおいでよ。男としての経験談をとし坊に聞こう。」
そして今日、夕飯を囲みながら出産に対しての心構え講座を開催!
先月末の夫婦喧嘩は素早く和解されていて、雨降って地固まるごとき"自宅出産に向けて一致団結"した2人の意思はガンガンに伝わってきていたので、私たちの経験談がタイちゃんとトモちゃんの参考になれたかどうかは・・・不明。

でもやる気満々のタイちゃんを見れて安心した。
トモちゃんも大丈夫!
あとはリョウ(トモちゃん夫婦の長男坊3歳)が心細くならいよう細心の注意を払ってあげてください。
地拓君*、ママとパパとにぃにはもう大丈夫だからなんの心配も無くでてきていいよ!
会える日を楽しみにしているからね♪

*【地拓君】=じたく君
タイちゃんがつけたまだ見ぬBaby(♂と判明)の名前。【自宅】で産むから【地拓】なんだって。もうちょっとひねりがほしいところだな。
posted by なおっぺ at 00:00| Comment(8) | TrackBack(0) | 我が家の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月05日

喫茶 Cerulean

今日は朝から調子が悪かった。
いや、悪かった、というより、変だった。
最近、圧力鍋を焦がしてダメにしてしまったり、作ろうと思っていたものと違うものを作っていたり、行こうと思ってた所と違う所に向かっていたり、なんだかボケている。
なかさんとこのユーキちゃんも同じだと知って「何かの妨害電波か?」なんて考えながら歩いてたら、転んだ。
家の中で。
何も無いところで。

運動不足+パソコンの見すぎ+家にいすぎ=ボケ
本来の私からかけ離れた日々。
こりゃまずいでしょ。だれかと話をしなくっちゃ。

ということで、仕入れで町に出たついでに喫茶セルリアンのママ、Yさんとおしゃべりさせてもらうことにした。
セルリアンは私のお気に入りの喫茶店だ。詳しくはこちら

cerulean-0905-1.jpg店の入り口でむかえてくれたかわいい小物たち。
店に入るとYさんが「あらあら、こんなに風の強い日に遠くからはるばる来てくれたの〜?いらっしゃい♪」と暖かく迎えてくれた。
次の瞬間、Yさんは私を見つめたまま固まっている。

うわぁ、ここでも妨害電波が発生してるのか?

と思ったら違って、今日は私がひとりだから驚いたらしい。
「ちびちゃんは?今日はなんで一人なの?」
事情を話しながらカウンターへと座る。
「あなたがカウンターに座るの、初めてね。いつもチビちゃんたちと一緒にそこのテーブルだったものね。」

Yさんとの至近距離に少々照れつつも、嬉しくてしょうがない私。
「今日はね、ケーキセットがあるわよ。食べるでしょ?」
と言いながら出てくるのは相変わらず《もやしのおひたし》《ごぼうのサラダ》《ゆし豆腐の味噌汁》。
「これはデザートね」と最後に出てきた《野いちごのパイ》。

Yさんはこのパイを必死の思いで仕入れている。
とても人気のあるパイ・タルト専門店で開店と同時に売れてしまい、入手困難なスイーツだ。
しかも卸をしていないので、Yさんは定価で仕入れてケーキセットに出している。
儲けは無いに等しい。

cerulean-0905-2.jpgYさんと他愛無いおしゃべりをしながらもやしとごぼうと豆腐を食べ、さてデザート。
タイミングよくコーヒーもだされる。

一口食べて「えっ?これパイ?」

ううん、パイじゃない。ケーキだ。
さくっとした食感の後に突如現れるしっとりとしたとろけ具合。
「マジで?何、今の?」ともう一口、もう一口、と食べ続けてしまう。

Yさんがなぜここまでしてこのスイーツを仕入れたいと遠い目をして語ったのかわかった。
確かに、美味しい。
私はこのスィーツ店ではでシュークリームしか食べたことなかったので、この美味しさには本当に驚いた。
Yさんが言うには圧倒的に美味しいのは《洋ナシのパイ》とのこと。
でもその洋ナシのパイが店にあるのはゴクゴク限られた時間だけ、と。
次にオススメなのがチーズ嫌いのYさんをチーズ好きにさせた《チーズタルト》らしい。

Yさん、今日はありがとう。
おかげで私の「誰かとしゃべらないとボケてしまう」病はだいぶ治ったみたい。
コーヒー、今日も美味しかった。
今度は洋ナシのパイがある日を狙って行くからね!
ひとりじゃなく、Chieeさんとね!
(Chieeさん、一緒に行こうね、って言ってたのに勝手に一人で行ってごめん。)
posted by なおっぺ at 00:00| Comment(6) | TrackBack(0) | オススメ宮古島関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月04日

英才教育!

ehontime0904.jpg親が教育熱心ではないので、いまだに自分やつっきぃの名前の文字+αしか読み書きできなかったゼーマン。
毎晩寝る前の絵本タイムに付き合わされるとし坊がやる気をだして,ゼーマンに平仮名を教えはじめた。

昨日は「あいうえお」、今日は「かきくけこ」。
元々読めた自分とつっきぃの名前の文字とプラスしてみると、たったこれだけでもずいぶん本って読めちゃったりするものなのだ。

たどたどしく読む「かいけつ」(かいけつゾロリの「かいけつ」部分だけ)「うみのそこ」「おいしい」などなど。

ほほぉーーん、こりゃいいわ。
50個さえ覚えてくれたら自分で読めるんだもんね!
とし坊、がんばってくれ!
(私はもっぱら昼間の絵本読み担当だったので、2人とも保育所に通うようになった今、あんまり読まずに済んでいる。うふ♪)
posted by なおっぺ at 00:00| Comment(3) | TrackBack(0) | ゼーマン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月03日

神経衰弱

数ヶ月前から「すごろく」にはまっていたゼーマン。
一日に何度も何度もやるのですごろくの紙はボロボロになり、同じく紙製のさいころはセロテープで補強されまくりツヤツヤぴかぴか(新しい)に。
字は読めないけど、コマが停まった所に何が書かれてるのかなんてことは全て暗記されているので付き合う親はさいころさえ順番どおりに転がしておけばあとはゼーマンがコマを進めたり戻したり指示を出したりしてくれるので楽といえば楽な遊びだった。
そして何より、つっきぃも参加できた(つっきぃはさいころさえ転がせれば満足なので)。

sinkeisuijyaku.jpg数日前に買った幼児雑誌の付録についてきた「神経衰弱」で遊べるカード。
今度はこれですか?
付き合う親はすごろくと違って手抜きができましぇん。
すごろくのように(早い遅いはあっても)みんながゴールできるゲームではなく、一人が勝ったらそれでおしまい、のゲームです。
負けたら泣きます。ズルもしたくなります。=怒られます。
そして何より、つっきぃが参加できません。
(ルールを理解できないつっきぃは手当たり次第にカードを開くので)

benkyou-t.jpg可愛そうなつっきぃ君は一人でお絵かき(本人的には字の勉強のつもり)です。
posted by なおっぺ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ゼーマン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月01日

Yおばぁの不思議

宮古島に住むようになってからずっとお世話になっている"おばぁ"がいる。
いつも野菜やごちそうをおすそ分けしてくれる、ありがたいYおばぁだ。

家族以外の人間が敷地内に入ってくると必ず吼える我が家の愛犬達。
でもYおばぁには吼えたことが、あまり無い。
というかYおばぁが来ていることに気づいてない様子。
で、庭先から「なおーー!なおーー!」と私を呼ぶおばぁの声で初めて気づいて、やっと吠え出す。

ある日、庭仕事をしていたとし坊が「うわっぁ!」という素っ頓狂な叫び声をあげた。
「顔を上げたらすぐ前にYおばぁが立っているからびっくりしたよ。」と。

Yおばぁは気配を消せるに違いない、と確信している。

私ととし坊が家の中で2人で話したあまり良くない話(例えば近所の人の噂だとか、選挙の話だとか)をYおばぁはあたかも"その場で一緒に話していたかのように"よく知っている。

私が実家の母との電話でポロリと話した島生活の愚痴のことも、よく知っていた。

だから知られて困るような話は夫婦間でもなるべくメールするようにしている。
というのは冗談だけど、さすがにメールの内容まで言い当てられたことは、今のところ無い。

壁に耳あり障子に目あり、なのはYおばぁの旦那様、Sおじぃにも言える。
だからこの老夫婦には私たちもなるべく隠し事をしないようにしている。

どうせ知っているのだろうから。

今日、台風前に冷蔵庫の中を空っぽにしたままで食材が何も無かったので「冬瓜でもあればなぁ」と考えていたら庭から「なおーー!!なおーー!!」と呼ぶおばぁの声。
見ると手に冬瓜を持って、立っていた。
tougan.jpg私「ありがとう。今ね、台風で冷蔵庫空っぽのままだからお昼ごはん何にしたらいいかな、って考えてたの。冬瓜でもあればなぁ、って。」
おばぁ「だからよぉ(宮古弁で同調する時に使われる合いの手のようなもの)。台風だのに、みんな同じさぁ。半分ずつぅと持ってきたさ。」

おばぁ、すごいよ!
posted by なおっぺ at 00:00| Comment(10) | TrackBack(0) | 島の日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハバネロの花

habanero-1.jpg台風が去って植木鉢たちを外に戻していたら、ハバネロに花がついているのを発見。
4月頃だったか、宮古島レンタルヨットサービスのCさんが「植えてみたら?」とハバネロの種をくれた。
10日くらいで発芽して、その後水をあげること以外世話らしい世話もしてないけどすくすくと成長し30センチほどになっただろうか。


habanero-2.jpgあの恐ろしい辛さの元になる小さな花。
なんて可憐なんだ?

ハバネロも幼少の時はかわいいのね、と妙に納得。
posted by なおっぺ at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 我が家の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。