2011年11月12日

コーチと喧嘩

感想画の仕上げが終わってない児童は弁当持って土曜登校ということでゼーマンもつっきぃも学校へ。2人とも絵が仕上がり次第野球の練習に合流するとは言っていたけど、雨だし、絵が午前中でおわるかどうか微妙だった。

しばらくすると学校へ行ったはずのつっきぃが帰ってきた。

雨の中、びしょぬれになって。怒りに身を震わせ、涙をぼろぼろこぼしながら。

何事だ?

詳細を話そうとしないつっきぃだったがコーチに「帰れ」といわれたから帰ってきたと泣きながら(怒りながら)吐き出すように言う。

絵の仕上げには行ってない、野球道具も弁当もグラウンドに置いてある。今日はもう絵にも行かない。野球はやめる。

野球やめるのは全然かまわない(むしろ大歓迎)だけど、絵は描かないとまずいだろ、先生待ってるんだしと、とりあえず荷物を取りに学校へ行き、先生に会って事情を話すことにした。

学校へ着くと雨で練習中断中の野球部がいた。コーチに「なんかよくわかんないけど、怒りに燃えながら帰って来たよ」と言うと「ふざけてたから怒って帰れって言ったよ」案の定ですな。コーチも詳しく話そうとしないので私も聞かない。想像できるし。

教室では担任の先生が「野球部の子が教えてくれて今電話してみようと思ってたとこよ〜」と心配していた。詳細は私もわからないけどいつものガーズーらしいと伝えると意外にも先生は「それがつっきぃのすごいところよ。誰にでも立ち向かえるのはすごいわよ」と褒めてくれた。

先生に絵を家で描く了承を得ている間に野球部は雨で練習中止になり解散となった。いつもより早い時間の解散で親の迎えが無い子ども達を私も送っていくことになり1・2年生を車に乗せると、ずっと車でふてくされていたつっきぃは後ろの荷台に入り込み荷物で姿を隠す(笑)。それを見た下級生、一人は次男T、一人は上にお姉ちゃんのいる長男Yだったんだけど、Tとつっきぃの次男同士の「暗黙の了解」的な沈黙がすごかった!つっきぃの「俺に話しかけるなモード」をTは敏感に察知しじっと見守る。それを見たYもTに倣ってじっと待つ。

そのうちTがぼそぼそと話し出した。つっきぃが怒られた時の状況を、つっきぃに聞こえるように私に向かって。

絵を描くために学校へ行ったのにコーチに「絵は後でいい、先に野球をやれ」と言われ納得できないまま普段着で練習に参加。気分を盛り上げるためにふざけてみせたところで「帰れ」と言われたようだ。

家で一心不乱に絵を仕上げ機嫌もなおった夕方、コーチから気遣いの連絡がありそのことを伝えるとまだふてくされているつっきぃ。「明日の練習試合どうすんの?やめるんなら行くべきじゃないよ」と言うと「・・・・行く」

自分より上の人とは激しく喧嘩をするつっきぃ。そして常にライバルを捜し求めていくつっきぃ。わがままな部分との調整がうまくできるようになれば上等!なんだけどなぁ。。。
posted by なおっぺ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | つっきぃ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。